スポンサードリンク

2008年11月11日

マンスリーマンションで一人暮らし生活【一人暮らしの生活レシピ@一人暮らしの必需品】

マンスリーマンションは、一人暮らしに最適です。マンスリーマンションとは、1ヶ月間などの短期間で利用できる定期借家契約による賃貸物件です。敷金・礼金・仲介料は無料になっています。

家具・家電・食器類・調理器具・タオル・テッシュといったような、様々な生活備品がすでに揃っているので、ご自身のライフスタイルに合わせて好きな時に、好きな期間だけ、好きなお部屋に、鞄ひとつ身体一つで気軽に一人暮らしを始める事ができる身軽さが人気になっています。

マンスリーマンションは、一般賃貸の部屋を使用しているためレストランなど食事を取れる設備などホテル感覚というわけにはいきませんが、まるで自分の住まいのように自由に気兼ねなく使えるというところが最大の魅力でしょう。

もし気に入ったお部屋が見つかり、マンスリーマンションを利用しようとする際は、事前に借家・定期借家契約を結んでからの利用になります。マンションを所有している会社へ、いくつかの書類を提出する事で借りる事ができます。その書類は、まず申込書と他に運転免許証・パスポートなど本人を証明書するものを一緒に提出する必要があります。

マンスリーマンションは、次のような一人暮らしの人におすすめです。

・スーツケース・カバンひとつで引越したい一人暮らしの人。

・自宅の建替えを考えている一人暮らしの人。

・家族・親戚の入院の付き添いが必要な一人暮らしの人。

・初期費用(契約金・家具等)の負担で悩んでいる一人暮らしの人。

・社会人で転勤・異動での家具の引越しが面倒な一人暮らしの人。

・ビジネスマンの長期出張やサラリーマンの単身赴任で一人暮らしの人。

・大学に入学して初めて一人暮らしを始める人。

最後に気になるマンスリーマンションの利用料金ですが、利用料金は地域によって差がありますが、東京23区内を例にとると一日あたり4000円台〜5000円台が最も多く、長期滞在が前提のために料金体系もホテルより低く設定されているのが特徴になっているようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。